top of page
  • Writer's pictureharuukjp

どうして嘘をつくのか 中学生の息子



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活519日目を迎えた。(リンク⇨518日目の記事)


不幸なのか、それとも幸いなのか、我が家では、なかなか壊れない日本車に乗っている。


電気自動車時代が訪れた2010年代より前に買ったマニュアルギアの日本車で、まだよく動く。走行距離が16万キロ程度(20万キロ以上乗る人もいる)ということもあってまだまだ走りそうだ。


年式はだいぶ古くなり、当時は人気車で街の中を走っていて同じ車種の物をよく見たが、そのモデルが出てから10年以上が経ち、今ではあまり見なくなってきた。


そんな古い車に乗る私だが、もともと、車は負債だと思い、あまりお金をかけたくないタイプである。単なる移動の手段であり、用が足りればそれで良いと思っている。


しかし、同じ服を着て同じ友達に2回連続で会いたがらない息子にとっては、見かけを気にする年頃になってきている。そして、彼には、我が家の車は安物で格好が悪いという認識がついてきた。


そんな車で息子の友達を乗せて出かけると、息子は嫌がる。


フリーランス業務で使うもう一台の車が我が家にはあるのだが、それは仕事用なので使えない。しかし、息子は友達にこう説明する。


「もう一台の方は故障してて、今、修理中。だからこっちの古い車に乗ってるんだ」


どうしてそんな嘘をつくのだろう。


車内を掃除して芳香剤も巻いて、整えたから大丈夫だよ。あるがままでいいじゃないか。それで友達が軽蔑するようであればそんな友達はいらないよ。


父はそう言いたかった。


(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村