top of page
  • Writer's pictureharuukjp

日本人がロンドンで起業ができるのか?



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活516日目を迎えた。(リンク⇨515日目の記事)


「何かビジネスを始めたい、社長になりたい」といって起業家セミナーにくる人はたいてい起業はできないと言われている。


真似を始めて起業しても、それは5年ほどしか続かないと言われている。


むしろ、生活に困ってやむをえず始めなければいけない状況に陥った人などは意外と成功したりする。


やはり、起業ができて継続できる人は、真似をしながらビジネスを始めて、日々どれだけコストを抑えられるかを考えながら、競争相手の手が届かないところを探して、そこをサービスとして提供できる人である。


ただ単に起業する、会社を作るのであれば1ポンドで会社登録はできる。しかし、そのサービスが人のためになり、求められるビジネスに変えるのは、その人の努力次第である。


(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

158 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村