top of page
  • Writer's pictureharuukjp

YouTubeで水道を直し、Instagramで料理をする時代 修理屋やクックパッドがオワコン



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活514日目を迎えた。(リンク⇨513日目の記事)


最近はすっかりYouTubeを見ながらDIYに奮闘することが多くなった。イギリスの家は修理が必要な場面が多くある。20年前だったらDIYの本を買って読んでは見るものの、よくわからず結局はビルダーに頼むことになる。


しかし最近ではYouTubeを開けば、映像がついてわかりやすく説明してくれるビルダーがいる。彼らも広告収入を手に入れるために丁寧に映像を作成してくれてわかりやすい。


しかも、ピンポイントで直したいところを説明してくれる。だから余計なそれ以外の場所の説明などは聞かなくても良い。たとえば「排水パイプの接続部分の水漏れ」などと具体的な箇所を入れるとそれに沿った映像がすぐに出てくる。ありがたいことだ。


夕食に困ったときはインスタグラムを開いてみる。


するとそこには15秒ほどで映像が作成されており、野菜を切って、グリルしてミキサーにかけてソースを作りパスタにかけて食べるといった簡単で健康的な料理が数秒で理解できる。


それを真似して作るだけで今日の夕食は完了である。


以前はクックパッドに頼ったこともあったが、映像付きのYouTubeやInstagramには敵わない。


人間はどんどん進化しているが、映像が簡単に手に入るこの時代に、人々の行動力は急速に伸びている。そして一人でなんでもできてしまう時代になっている。


とにかく困ったらまずはソーシャルメディアのショートビデオで確認してそれからどうするか考えると効率よく生活できるのかもしれない。



(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村