top of page
  • Writer's pictureharuukjp

いろんな意味で感謝を 無職男性泣く



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活230日目を迎えた。(リンク⇨229日目の記事


今はこうやって職を失って半年以上も過ごしているわけだが、今まで築き上げてきたものがあるのでそう簡単には崩れず、がんばれているのかもしれない。


私は今は職がないけど、なんとか住む家はある。そして家族は健康に育ち、嫁がキャリアを犠牲にして子育てに10年間集中してくれたおかげで子供たちは自信を持って生活できるようになり、嫁にも子供たちにも感謝している。


別に音楽の家系でもないのに、楽器に励んでくれる子供たちは順調に階級テストの合格を続け、趣味としては十分にやっていける程度までできるようになった。何度も諦めかけたけど、嫁の熱心な指導、そして子供たちの諦めないという精神のおかげだ。


そんな子供たちは年度末を迎え、9月からは新学年でスタートする。あっという間に1年が過ぎ、さらに学業にレベルアップを加えて、子供たちは育っていく。


嫁も9月からはキャリアアップに向けて新たな試みをスタートする予定で頼もしい。


日本の実家に目を向けてみると後期高齢者の両親はいまだにテニスに明け暮れる日々を過ごし、しっかりと運動を続けていて、意識もしっかりとしている。私の失職についても理解してくれて私の心のサポーターとなってくれている。


そんな両親は、孫たちの活躍のビデオの様子を、テニスのお友達に自慢して嬉しそうだった。


家族全体的にみると、私の失職以外は怖いぐらい平和に物事が進んでいるので、私も安心して就職活動に集中できる。


私が目指すのはただ一つ、仕事を探すこと。それだけに尽きる。


家族のみんなそれぞれが努力している様子をみると感謝でいっぱい、涙が出てきてしまう。 (終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!

Recent Posts

See All

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村