top of page
  • Writer's pictureharuukjp

特殊詐欺の全貌が明らかに 前編

Updated: Apr 16, 2023



アラフィフで小学生と中学生の子供を持つサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退社。その後の就職活動が難航中。無職生活156日目を迎えた。(リンク⇨155日目の記事


特殊詐欺の被害額は2022年前半で6億ポンド(約1000億円)と言われていて4人に3人は、実際にお金のやり取りまではいかないにしても、詐欺行為に遭っているという。


相手は、たくみに練った作戦でいろんな場面を作り出し、わたしたちを騙す詐欺集団。もうニュースで聞いているばかりではなく、自分の身近にその悪の手は押し迫っている。


私の周りでも聞いた話によると、海外にいる子供の病院の治療費だと騙されて継続的に送金を続け8万ポンド(1300万円)を盗まれた老人がいた。


もう一人は銀行員と思われる人間からの電話で、騙されたという男性がいた。


この件を詳しく説明いただいたので紹介させていただきたい。


その手順は以下の通り。


郵便局から小包の不在通知の有無の確認を要求するテキストメールが携帯電話に届いた。


たまたまその時、玄関先には不在通知の手紙が置いてあった(後日、これは本物の郵便局からのものとわかる)


テキストを見た男性は、ある日届いた小包が、本人の自宅不在中に、郵便局に返送されたと思った。そして、テキストメール上にあるリンクをクリックして小包の再発送日の予約をネットで行った。(後日このウェブサイトのURLをよく見てみると郵便局とは全く関係ないものと気づく)


その時、クレジットカードの番号を入れて、再発送の料金£1.5を支払った。(通常再発送は無料であることを後日気づく)


1週間程度が過ぎ、日曜日の夕方に電話の一報が入る。


「〇〇銀行のものですが、現在、あなたの銀行口座がハッキングに襲われています。ネットバンキングのアプリを携帯電話で開いて、確認してみてください」と銀行員らしき人物からの電話が入る。


アプリを開いて自分の口座を見ると、確かに見知らぬ名前で£75が引き落とされていた。電話がつながったまま、彼は奥さんとチャットで確認するも、奥様はそんなお金は今おろした覚えがないと言った。


その結果、この男性はパニックになった。ロンドン市内を移動中でバスに乗りながらのやりとりだった。


£75は身内の誰も引き落とした覚えがないと銀行員に伝えると、


「最近、何か郵便局と扮してテキストなどがきて、あなたの個人情報を教えませんでしたか?」


(そうだ、小包の再発送を頼んだ時、銀行口座番号などを記入した!)


「あなたのアカウントは今ハッキングされていて、この後も引き続きお金が盗まれ、いずれ0になるでしょう。なので新しい口座を今すぐ作って、そちらにお金を移動させる必要があります」


男性はこの口座はハッカーによって乗っ取られたと思い、この銀行員の指示に従おうとした。


「それでは新しい口座を作るのにマネージャーと相談しますので少々お待ちください」


(1分程度待たされる)


「お待たせしました。あなたの新しい口座を作りました。今から番号を言うのでメモってください。」


バスの中でパニックになっている男性は携帯のメモ帳を使って正確にその口座番号をメモった。


銀行員の指示が続く。「あなたは同じ銀行に貯金方法を分けて3つアカウントがありますね?それぞれの金額は今いくらに見えますか?」


男性「£〇〇と£〇〇と£〇〇です」


銀行員「それではその3つをメインのアカウントに移して一つにしましょう。そして、今引き出されている他の口座の残高を0にして、ハッキングに合わないようプロテクトしましょう。」


男性は言われた通り自分のアカウント内で、持ち金を全て一つのアカウントにまとめた。


すると銀行員が「それではそのまとめたお金を順番に新しい口座に移して、今このアカウントを襲ってきているハッキングから守りましょう!」と言った。


「あなたが移す口座の番号は〇〇〇〇〇〇〇〇で、リファレンスには先ほど相談させていただいたマネージャーの名前で、送金の理由は”ホリデー”ということにしておいてください。それでは、大金を全て送るのは危険ですので、何回か分けて新しい口座に送ります。まず£2500を送ってみましょう。」


男性は大金を送ることを躊躇して、送金のボタンを押すまえに、一回深呼吸して確認してみた。


「あなたは本当に銀行の人ですか?」


するとその銀行員は「あなたの携帯電話にかかってきているこの電話の番号通知をご確認ください。そして、あなたがお持ちの銀行カードの裏面に書いてある当銀行のサービスデスクの電話番号と合致していないか確認してください」


男性「ほんとうだ同じ電話番号だ!」(これで男性は、この電話は銀行からの電話であると完全に信用する)


***********************


特殊詐欺の全貌 後編はこちら→特殊詐欺の全貌が明らかに 後編


(終)


〜はる〜


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!


366 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村