top of page
  • Writer's pictureharuukjp

東京の私立中学生の期中休みはロンドンでサッカー観戦



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活448日目を迎えた。(リンク⇨447日目の記事)


サッカー部に所属する中学生の彼は、イギリスのサッカーを見に来たという。


日本では珍しく、2月の上旬に学校が休みの理由は、私立中学校の試験がこの週にあって、在校生は休校となる。イギリスも期中休みで2月中旬に1週間、学校の休みがあるが、それと時期がよく似ている。


この中学生は、昨日はアーセナルのスタジアム見学ツアーに行き、明日はブライトンでのクリスタルパレス戦、そして明後日はマンチェスターユナイテッドのウェストハム戦を観戦に行くという。


有料のクラブメンバー会員になると、くじ引きだが、チケットを購入できるチャンスが得られる。それでなんとかブライトンのチケットをお父さんにとってもらった。そして、マンチェスターユナイテッドのチケットは転売されている食事付きの350ポンドのチケットだったそうだ。


お父さんもサッカー部の息子の夢を叶えてあげようと必死だ。


このお父さんの努力もすごいが、それ以上に驚いたのは、この家族がロンドンへ向かう飛行機に、同じ学校の同級生が2家族乗っていて、両方ともサッカー観戦のために、この休みを利用してロンドンにやってきたという。


こういった子供の話をするときは、いつも、自分があの頃は. . .と比べがちなのだが、私が中学生の頃、私自身、親に海外旅行など連れて行ってもらったことなかった。行ったとしたら秋田県まで車で8時間かけて行ったぐらいだ。ましてや、クラスの中に休み明けに海外に行ってきたと話す生徒などもいなかった。


私立中学生の期中休みの過ごし方がエグい。



(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村