top of page
  • Writer's pictureharuukjp

定めではあるが悲しいがな。一気に冷めるクリスマスムード



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活412日目を迎えた。(リンク⇨411日目の記事)


キリスト教にとって、そして大半がキリスト教であるイギリス人の間で、1年間で最も重要とする日、クリスマスが終了した。


クリスマスに向けてアドレナリンは最高潮に達し、それまで準備したクリスマスのアクセサリーは、そのアドレナリンがなくなるとともに脱力感を剥き出しにして、全くの興味を示さなくなる。


道路には要らなくなった生木のクリスマスツリーがむき出しに捨ててあり、クリスマスソングのオルゴールがついたクッキーの箱は、その曲を流すととても虚しくなる。ラジオではすっかりクリスマスソングは聞こえなくなり、それに代わって大晦日のカウントダウンパーティー向けのノリの良いダンスミュージックが多く流れている。


次のクリスマスまで約360日。来年はうるう年で1日増えるが、次のクリスマスが待ち遠しい。


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

コメント


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村