top of page
  • Writer's pictureharuukjp

IKEAで4時間過ごしてみると. . .



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活410日目を迎えた。(リンク⇨409日目の記事)


クリスマスの次の日、イギリスではボクシングデーと呼び、このボクシングは、箱(ボックス)の意味で、郵便配達人や使用人といった日頃お世話になっている人にクリスマスの次の日にプレゼントのボックスを贈るということがこの日の始まりだったそうだ。


今ではセールの始まりの日だったり、クリスマスで疲れた体を休める休日の日として使われている。


そんなボクシングデーに我が子は友達と映画を見に行くことになった。ロンドン市内とあり、私の車の送り迎えが必要となった。往復100分はかかる。


映画の前にランチを食べるということで午後1時に集合、解散は午後6時となる。


私にとってはこの5時間をどう過ごすか迷い、一旦家に帰ると100分とガソリン代を失うこととなり、思いついたのがIKEAで過ごすということだった。駐車場も5時間までだったら無料と、まさしく私のために用意してくれたかのような無料駐車時間設定だった。


特に家具の買い物はないが、スウェーデンレストランがあり、値段も良心的で、在宅ワーク用のスペースも設けられている。


私は、パソコンを持参してそこで待ち時間を過ごした。レストランで注文したのは£1.75のコーヒー一杯。これで1時半から5時半までの4時間を過ごした。


私より先にパソコンを広げて座っている人が2人いたが、その人たちは私が去る時もまだ作業をしていた。


ボクシングデーと言っても仕事や勉強で忙しい人はいるのだなと感心した。


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️


Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村