top of page
  • Writer's pictureharuukjp

生活保護が必要な時が来た場合のために求職者手当を申請しました イギリス



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活169日目を迎えた。(リンク⇨168日目の記事


イギリスには職の見つからない求職者への手当が出る。


求職者手当(JSA)を受け取るためには、次の条件を満たす必要がある。


  • 従業員として働いたことがあること

  • 通常、過去2〜3年間にクラス1の国民保険料(従業員が払う保険料)を支払っていること

  • 自営業者であり、クラス2の国民保険料しか支払っていない場合、漁師またはボランティア開発労働者として働いていた場合を除き、資格がない

  • 18歳以上であること(16歳または17歳の場合は例外があり)

  • 国民年金年齢未満である

  • 全日制教育を受けていないこと

  • 雇用可能であること

  • 現在働いていないか、週に平均16時間未満しか働いていないこと

  • 働くことを妨げる病気や障害がないこと

  • イングランド、スコットランド、ウェールズに住んでいること

  • JSAを受け取っている間は、アドバイザーと合意した通り、仕事を探すための合理的な手段を講じる必要がある

  • 貯蓄や配偶者の収入や貯蓄は請求に影響しない


求職者手当(JSA)は最大182日間(約6か月間)受け取ることができ、その後、アドバイザーと相談してオプションを検討することができる。


JSAの受給額には上限があり、年齢によって異なる。24歳以下の場合、最大で週に67.20ポンド、25歳以上の場合は最大で週に84.80ポンドを受け取ることができる。


さらに、


低所得の場合JSAとの二重受給として、Universal Creditを申請することができる。JSAとは異なり、パートナーと一緒に申請し、住居費、子供、および育児の支援を受けることができる。ただし、あなたまたはパートナーの貯蓄や投資が16000ポンド未満である必要がある。


以上、とりあえず申請方法の内容を確認して申請をしてみた。週£85では1週間の光熱費で全て使ってしまうので、食費までは回せないが、少しでも助けてもらえるならお願いしようと思った。


我が家の全資産が16000ポンド以下になるのは、このまま行くと時間の問題だ。


今のうちに少しでも援助を受けられるなら受けておこうと思う。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!

282 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村