top of page
  • Writer's pictureharuukjp

異国に来て頑張っていたと思ったらそれほどでもなかった。裸の王様状態




小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活427日目を迎えた。(リンク⇨426日目の記事)


20代でイギリスに住み始め、サラリーマンとしてある程度安定した収入を20年以上続け、家族もこの地で築いた。


しかし、今となっては職を失って、ニート状態となっている。


当初は、「海外で生活する」、「英語を話す」といった生活のハードルを上げることで自分の生活力、活動力が鍛えられると思い、がむしゃらにその中で生きてきたが、人生の最後に喜ぶ人はやはり自分の好きなことをやりながら死んでいく人だと思う。


今の自分では生活することが精一杯で、このまま老いて死んでいったら、自分のやりたいことにお金を使えずに終わってしまう。


今の私は、仕事もない、やることもない、ただ単に呼吸をして、過ぎた時間を振り替えながら、こうやってブログでメモをしているだけだ。なんて情けないんだろう。


仕事のないお父さんを見て子供たちは呆れ返っている。


脱サラして何かビジネスを始めないといけないとも思う。


ほとんど占いというのは信じないタイプなのだが、何十年かに一回は占いというのを信じる時がある。特に今年は自分に良い年なので自分勝手ながら信じたいと思う。


今年の運勢は、ある有名占い師によると星座と血液型を合わせた48通りの中、2位であった。その内容は「去年の変化が幸運に変わる輝かしい年」だそうだ。


ちょっとだけ信じてみたくなる。


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村