top of page
  • Writer's pictureharuukjp

大物芸能人のスキャンダルで沸く日本だが、イギリスでは. . .



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活426日目を迎えた。(リンク⇨425日目の記事)


日本では去年の有名芸能事務所の◯加害事件を発端に、今回、別の大物芸能人が裁判にかけられようとしている。


この大物芸能人は私が高校生の頃から推していた人で、イギリスに来て20年間以上、日本のテレビはほとんど見なかったが、この人の番組はいろんな方法で画像を入手して見ていた。


現在、日本のユーチューブではものすごい数の大物ユーチューバーによってこの話題が取り上げられている。おそらくSNSでこの話題を取り上げると視聴者の数も稼げて都合が良いのだろう。と、書いている自分も同じ気持ちでこの記事を書いているのかもしれない。しかし、本当はわざわざ私のブログでそのことに触れずに、Xにもコメントせずにスルーしようと思っていたが、私の長年の大ファンで、この業界では逸材と呼ばれた、多くの人が支持する人物が、疑いをかけられている大スキャンダルということで少しここで触れておきたいと思った。


最近は声に出して言えなかった被害者のカミングアウトで過去の悪態をばらされて罪に問われることがよくある。イギリスでは30年前以上の出来事でも◯加害の事件が罪に問われることもある。


日本の裁判でどう決断が下されるかは、ただ見守るしかないが、こういった大物がある節目を迎えようとしているのは事実だ。


ちなみにイギリスの大衆紙で、日本の今回の騒動はまだ取り上げられていない。去年の有名芸能事務所の◯加害の事件の時は取り上げられたのだが. . .


おそらくではあるが、イギリスでもこのような事件を取り上げたらキリがないぐらい出てくるのかもしれない。


あまり私が語ることはないが、今回だけは長年ファンで居続けた唯一の芸能人で、気持ちの中では身内に匹敵する人物だけに、ここに記させていただいた。


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

160 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村