top of page
  • Writer's pictureharuukjp

あの頃. . . コロナ禍の留学生の実態



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活277日目を迎えた。(リンク⇨276日目の記事)


2020年2月に6ヶ月間イギリスに来た留学生にあの頃の話を聞いた。


コロナロックダウンが始まったのが、その後1ヶ月後の3月。


この生徒に降りかかった災難はここから始まった。


その日から学生寮に引き困って、全てがオンライン授業。


学生寮の同じ階にいたイギリス人や、みんな実家に帰ってしまって、彼だけが残った。


彼以外に残った学生は、中国や、インドからの留学生だけで、学生寮の各階に1人か2人。殺風景な学生寮と化した。


結局、この日本人留学生が学校の校舎に行ったのは2月の1ヶ月間だけで、そのまま友達もできず、オンラインのまま授業が終了、8月に日本へと帰国となった。


高い旅費、宿泊費、学費を払って、受けた授業はオンラインで、日本にいてもできた作業だった。


コロナロックダウンに学生だった人は本当に気の毒だと思う。


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!



158 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村