top of page
  • Writer's pictureharuukjp

歯が痛い!これだからイギリスの歯医者へはいけない




小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活483日目を迎えた。(リンク⇨482日目の記事)


最近、歳を重ねると歯も傷んでくる。そして歯が痛くなると憂鬱になるイギリス生活。その理由が高額な費用。


以下がネットで調べたイギリスの歯医者(プライベート)の価格。


  1. 初診検診: 通常は約£65。初めての患者は、歯の健康状態を評価し、治療計画を立てるために初診検診を受けます。

  2. クリーニング: 歯のクリーニングは約£85。歯垢や歯石を除去し、歯の健康を保つために行います。

  3. 詰め物: 虫歯の治療には詰め物が必要です。詰め物の価格は、虫歯の深さや使用する材料によって異なりますが、一般的には£100以上。

  4. 抜歯: 歯を抜歯する場合、料金は虫歯の進行度や歯の位置によって変動します。一般的には£100以上。

  5. 審美歯科治療: セラミッククラウンやホワイトニングなどの審美歯科治療は、料金が高めです。価格は治療内容により異なりますが、数百ポンドから数千ポンドになることもあります。

なお、プライベートの歯医者は予約が取りにくいことやサービスの質にばらつきがあることがありますので、事前に見積もり価格を確認してから診療を受けることをおすすめします。


NHSの歯医者はというと. . .


NHSでの歯の治療は有料です。ただし、以下の条件を満たす場合、NHSの歯医者で一部の治療を無料で受けることができます:

  1. 低所得者: 収入が一定基準以下の方は、一部の歯科治療を無料で受けることができます。

  2. 18歳以下のお子さん: 18歳以下の子供は、歯科治療を無料で受けることができます。

  3. 妊娠中の女性: 妊娠中の女性は、出産後も1年間無料で歯科を利用できます。


NHSの歯医者はプライベートの歯医者よりも安価であり、どこの歯医者に行っても一律の料金設定がされています。


結論


NHS治療はなかなか予約が取れないと聞きます。よってプライベートにいく可能性が高くなり、高額の医療費がかかるため、東欧やトルコなどの国外に行く人が多いです。


(終)


最近の記事





おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村