top of page
  • Writer's pictureharuukjp

住宅ローンを隔週払いにすると. . .



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活570日目を迎えた。(リンク⇨569日目の記事)


住宅ローンの隔週支払いでは、通常の月々の支払額の半分を 2 週間ごとに支払うことで、住宅ローンの返済を早める。 毎年末までに、12 回ではなく 13回分の月々の支払いを済ませることになり、30年のローンであれば、6年〜8年支払い終了が早くなる。


その仕掛けは、1年は 52 週間あり、2 週間ごとに支払いをすると、年間を通じて住宅ローンの支払額の半分を合計 26 回支払うことになる。つまり、通常の 12 回ではなく、1 年間に 13 回住宅ローンを支払うことになり、追加支払いは、全額元金に充当される。


今のイギリスの住宅ローンだと6.5%程度が主流だが、これだと、30年の金利で、住宅価格とほぼ同じ額の金利を払うことになる。


50万ポンドの家を購入したとする。20%を頭金として支払い、残りを6.5%の金利で30年固定金利の40万ポンドの住宅ローンで賄う。この場合、元金と利息を合わせて月々の支払額は2,528ポンドになる。簡単にするために、税金と保険は考慮しないが、通常は支払い額に加算される。


毎月の支払いを予定通りに行うと、30年間支払い、合計510,178ポンドの利息を支払うことになる。


銀行に毎月2,528ポンドを送金する代わりに、2週間ごとに1,264ポンドを送金したとする。これを行うと:


住宅ローンは24年強で完済されるため、ほぼ6年早く家を所有できるようになる。

合計利息は 388,861 ポンドとなり、金融手数料を 120,000 ポンド以上節約できる。


もっと早く知っていればよかったと思いながら、今からでも少しでも時間稼ぎをするために始めておこうと思う。


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

115 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村