top of page
  • Writer's pictureharuukjp

30年耐えようとしている人



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活372日目を迎えた。(リンク⇨71日目の記事)


イギリスロンドンでは、今、車で市内に侵入すると毎日混雑税が£15徴収される。そして、それプラス、超低排気ガス区域に認定されているため、ディーゼル車や15年以上の古い車は市内に乗り込むとさらに£12.5取られる。


電気自動車は、混雑税も、低排気ガス税も免除される。


そして、低排気ガス税に関しては、一つ例外があり、その例外が30年以上保持している車である。


30年以上前に購入した車であれば低排気ガス税£12.5は毎回払わなくて済むのである。


ある人の話では、その30年を迎えるために25年乗ったジャガーを今温存しているそうだ。


この手があったか!と私もやや興奮気味になったが、我が家の車は30年を迎えるまでにまだ15年以上はある。そこまでこの車を維持できる自信はない。


混雑税、低排気ガス税の抜け道をいろんな方法で探している人たちがいて面白い。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

134 views0 comments

Comentarios


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村