top of page
  • Writer's pictureharuukjp

給料が激減して思うこと



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活371日目を迎えた。(リンク⇨70日目の記事)


人のことを気にしながら、人に親切しまくり、物事を後回しにすると、そこそこのサラリーマンができて、安定した収入が得られる。


しかし、これを続けると、自分を見失う。


収入を得て、自分を見失うか、それとも、収入を諦めて、自分を見つめ直すか、後者は極端ではあるが、ある程度の収入を得ながら自分の好きなことをすることは可能である。


本当にサラリーマンに戻りたいのか?家族を養わなければいけないという現実はそう甘くないのはわかっている。しかし、このままサラリーマンで人生が終わって、やりたいことをやらなかったら後悔はしないだろうか?


給料は激減したが、なんとか生活をつなげるのであれば、今はバランスが取れていてストレスが少なくなっている。


老後のことばかり考えながらサラリーマンを目指すか、それとも自分のやりたいことに挑戦してみたいか、今、自分は問われているような気がする。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

209 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村