top of page
  • Writer's pictureharuukjp

先生たちのストで学校が閉鎖 コロナ後のロックダウン



アラフィフで小学生と中学生の子供を持つサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その後の就職活動もうまく行かず無職生活83日目を迎えた。(リンク⇨82日目の記事


物価上昇で生活苦の人々の怒りもここまできたか。学校の先生のスト。


本日、2023年2月1日、全国で50万人の労働者がスト(そのうち30万人が先生)を起こし、2万以上もの学校が閉鎖されるという事態が起きている。


教育者のストは、将来を支える若者たちへの学力低下となり、そしてそれは国力低下につながる深刻な問題である。


私の地元の中・高等学校に通う息子は学校が休校かと思いきや、高等部のみ休校で、中学部の方は通常通り開校とのこと。


娘の小学校も今朝は問題なく登校できた。


地域的に差はあるようで、幸い私の地域ではストで学校閉鎖を免れたようだ。


学校閉鎖以外、電車も従業員のストで動いていない。完全に人の行き来が止まっているイギリス。


ロックダウンが行われている。


また日本食材屋さんの友人、美容室経営の友人が、客が来ないと嘆く。


他の先進国が成長を続ける中、衰退していくイギリス。


そして私の職探し難航が続く。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。



Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村