top of page
  • Writer's pictureharuukjp

団体からの誘いを断るには. . . お金がない時こそ弱い人間になりがち だからこそ強く振る舞わなければ。




小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活249日目を迎えた。(リンク⇨248日目の記事


フリーランスの仕事をして、いろいろなお客様と出会う機会が増えた。お客様には最高のサービスを提供するために、私は最善を尽くして働く。


「お客様は神様」のキャッチフレーズでお客様に洗脳されがちだが、度が過ぎると自分を見失う時がある。


お客様の言うことは全て正しいと考えてしまうと、どんなフェイクニュースや、勧誘などに同意してしまう時がある。これは危険である。


私がサービスを行っているお客様が、ある団体のイギリス支社らしき建物を見学する予定だ。


私が予想するに私も建物内に誘われるはずだ。そして、お客様と一緒にいる間も終始、団体への勧誘があるだろう。


お金が必要なので、サービスを断る理由はないが、団体への勧誘となれば、必死で自分を守ために断るだろう。ここでは「お客様は神様」ルールを適用しない方が良さそうだ。


あらゆるマインドコントロールを潜り抜けながら、お客様への対応をするという極意が必要となる。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!



169 views0 comments
bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村