top of page
  • Writer's pictureharuukjp

収入が支出に追いつかない時の辛さ



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活557日目を迎えた。(リンク⇨556日目の記事)


定期的な収入がなく、フリーランスで働くのは、時間が自由ではある分、口座アカウントを眺めてストレスになることが多い。


最近はいろんな出来事、光熱費の支払い、洗濯機や車の故障、そして歯医者へ通院など、劇的な2ヶ月だった。


過去3年間、半年おきの水道だは300ポンドだったが、今回は400ポンドに値上がりしている。


ガス・電気の月々の支払いは200ポンド、洗濯機が450ポンド、車の修理が350ポンド、歯医者が300ポンドと、なかなかの額が私のアカウントから消えていった。


今、闇バイトに誘われたら手を出してしまうのではないかと思うぐらいお金が必要とされている。


前職に関連するサラリーマンの仕事は、履歴書を送ってもなかなか返事が来ない。


フリーランスの仕事では生活するのに一杯一杯の収入だ。それに今回のようなまとまった支払いは精神的に不安定なる。


早くこの苦しみから解放されたい。


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️




143 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村