top of page
  • Writer's pictureharuukjp

驚愕!アルツハイマー病は人から人へと感染する?!




小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活444日目を迎えた。(リンク⇨443日目の記事)


アルツハイマー病にはこれまで2つの型があり、65歳以上の数千人が罹患する「散発型」で、これが断然最も一般的で、もう1つは家族内で遺伝する遺伝的早期発症型である。


ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの科学者らは、現在、他のアルツハイマーの変異体とはわずかに異なり、非常にまれな、人から人へ感染する可能性のある3番目の変異株を特定したと述べている。


以下、デイリーメール(英語版)の記事で見つけた記事だ


人に移すと言っても、ウイルスや細菌の感染という意味では伝染するという意味ではなさそうだ。とても稀ではあるが、投与される感染した成長ホルモンなどでアルツハイマーの原因となるタンパク質が体内に入ることで移すらしい。


だから一緒に手を繋いだからとか、過ごしたからとかで感染するものではない。


気をつけて回避できる病気でもないが、食べ物などでかかりにくくすることはできると言われているので、健康管理には気をつけて行きたい。


以下、アルツハイマーの症状とその手当を紹介する。


アルツハイマー病とは何ですか?またどのように治療されますか? 


アルツハイマー病は進行性の脳の変性疾患であり、異常なタンパク質の蓄積により神経細胞が死滅します。

これにより、メッセージを伝える伝達装置が混乱し、脳が萎縮してしまいます。 

米国では500万人以上がこの病気に苦しんでおり、死因の第6位となっており、英国人では100万人以上がこの病気にかかっています。


何が起こるのですか?

脳細胞が死ぬと、脳細胞が提供していた機能が失われます。 

これには、記憶力、見当識能力、思考力、推論力が含まれます。 

病気の進行はゆっくりと徐々に進行します。 

平均して、患者は診断後 5 ~ 7 年生存しますが、10 ~ 15 年生存する患者もいます。


初期症状:

  • 短期記憶の喪失

  • 見当識障害

  • 行動の変化

  • 気分のむら

  • お金のやり取りや電話をかけるのが難しい 


後の症状:

  • 重度の記憶喪失、近親者、慣れ親しんだ物や場所を忘れる

  • 世界を理解できないことに不安と不満を抱き、攻撃的な行動につながる 

  • 最終的には歩行能力を失います

  • 食事に問題がある可能性がある 

  • 最終的に大多数は24時間介護が必要になる   


どのように扱われますか?

アルツハイマー病の既知の治療法はありません。

ただし、症状の一部を軽減する治療法もいくつかあります。

これらの 1 つは、脳細胞の相互通信を助けるアセチルコリンエステラーゼ阻害剤です。 

もう1つはメナンチンで、アルツハイマー病患者の脳内に蓄積して精神機能を阻害するグルタミン酸と呼ばれる化学物質をブロックすることで作用する。 

病気が進行するにつれて、アルツハイマー病患者は攻撃的な行動を示し始めたり、うつ病に苦しんだりすることがあります。これらの症状を軽減するために薬が提供されることがあります。   

アルツハイマー病の一側面と闘うのに役立つ記憶力を向上させるメンタルトレーニングなど、他の非薬物療法も推奨されます。

 

 出典: アルツハイマー病協会 およびNHS


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

127 views0 comments

Recent Posts

See All
bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村