top of page
  • Writer's pictureharuukjp

大流行:子供たちがクレイジーになっている水筒



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活553日目を迎えた。(リンク⇨552日目の記事)


娘が夢中になって長い間懇願していたのが水筒である。


水筒といえば、プラスチック製の1リットルであれば10ポンドもあれば買える。


しかし、話題の水筒は30ポンドもする。


子供を持つ親としては、水筒に30ポンドを出すかどうかは、重要な判断となる。


そして何がそんなにスペシャルかというと、その水筒には匂いを発する。私たちが風味として認識するものの約 80% は、実際には私たちが嗅いでいる匂いに由来しているそうです。


水筒に入っているのは通常の水。そして匂いがついているので子供たちはジュースを飲んでいる気分になる。


これで子供たちの糖分摂取を抑えることができると言われている。


ということで、我が家にもこの水筒がやってきて、早速、娘は本日2リットルの水を摂取している。水を飲み過ぎるのも良くないので、注意しなければいけないが、うまくコントロールできれば、水分補給がよく取れて、甘いジュースは飲まなくなり、健康に良いのかなと思う。


関連記事




(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️


145 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村