top of page
  • Writer's pictureharuukjp

コロナ明けと言い続けて2年 ストーンヘンジの不思議を求めてすごい行列 



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活505日目を迎えた。(リンク⇨504日目の記事)


いまだに謎の多いストーンヘンジは、何のために作られたのか? その理由は、太陽暦説、お墓説、癒し系説とさらにはUFO説、巨人説と夢は膨らむ。


ヨーロッパはイースター休暇に入り、昨日、2024年3月29日から学校が休みに入り2週間休暇になるところが多い。


それに合わせて親御さんも会社の休みをとり旅行へと出かける。


イギリス人はスペインやイタリアへと人気の観光地へ向かい、逆にヨーロッパやアメリカの人はイギリスへとやってくる。


このイースター休暇が始まると人気の観光地、ナショナルトラストとして登録されているストーンヘンジにも人が集まる。


入場料が大人30ポンド(約6,000円)にもかかわらず、ものすごい人の数。


下はビジターセンターからストーンヘンジまで2km程度の距離を走るシャトルバスに乗る行列。1000人はいる。



シーズン中にストーンヘンジに行く時は時間に余裕があったほうが良い。


コロナ明けと言い出して2年が経つが、これはコロナ明けの勢いではなく、純粋に人は旅行が好きなのである。


(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村