top of page
  • Writer's pictureharuukjp

無職生活200日目 人間はどう変わるか?



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活200日目を迎えた。(リンク⇨199日目の記事


「200日も仕事についていないと、家に篭って頭がおかしくならない?」と聞かれたが、何かと自分なりに忙しくしているようで、今のところ精神的に参ってうつ病になるようなことはない。


朝は子供の学校へ見送り、その後ネットで就職活動をして履歴書を毎日2、3社へ送り、家の掃除、夕食の準備、そして子供を学校まで迎えに行き、夕方は子供の習い事の送り迎え、隙間時間ができれば家庭菜園の借地へ向かい野菜を育て、そこでついでに鶏の面倒を見て、夜には食品の買い物に出かけ、フリーランスの仕事も週に5、6時間加えて、活動をしている。


収入はほとんどないが、何かと忙しい。


フリーランスの仕事が最初は1時間程度だったのだが、それが2時間、3時間と増え、今では5、6時間程度と徐々に増えてきて忙しくなってきた。


サラリーマンをクビになったときは、どうやってお金を生み出そうか検討もつかなかったが、今では月々のガス、電気代ぐらいは賄える程度の収入が入るようになった。


これはかなりの進歩である。


200日も何もしないわけにはいかない。


そして、これで就職が決まれば、副業として継続ができ、収入アップとなる。


今ではフリーランスの仕事を2つに増やせればとも考えている。


将来、今回サラリーマンをクビになったおかげで、新しい挑戦ができたと笑いながら話せる日が来るのを願う。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村