top of page
  • Writer's pictureharuukjp

Uberドライバーの資格取ってみたけど無理ゲーっぽい



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活288日目を迎えた。(リンク⇨287日目の記事)


6ヶ月に渡る手続き、試験、犯罪歴チェック、健康チェックなどを経て、ようやくUberドライバーの資格を取ってみたものの、現実は厳しそう。


まず自分で車を所有するか、それともレンタルの車を運転するかで状況も変わってくる。


車所有の場合


1日10時間車を運転するとなると200〜300kmは運転することになる。これを月20日間、1年間をつづけると5万〜7万キロ走り、新車でも5年乗ると走行距離30万キロに達成。車を乗り潰すことになる。


3万ポンド(約550万円)の新車を買ったとしよう。


ロンドンのウーバードライバーの時給は平均£15と言われている。


1日10時間運転して£150稼いだとして20日間で£3000、年間3万6000ポンド(内税金£4686)だ。


そのうち5年で新車を潰すと考えると年間6000ポンドの車代が必要となる。


そしてガソリン1リットル15km走る車だとすると1日300Km走るとすると20リットルは使う。ガソリン代は£1.5(約278円)なのでガソリン代が£30。年間240日運転するとして£7200。


その他、保険が年間£2000、車の修理代、タイヤ交換、MOTなどで年間£1000を見積もると、


経費が£1万6000ほどかかる。


要するに時給£15の年収£3万6000の半分近くが車の維持にかかるお金である。


手元に残るお金は2万ポンド、月々1666ポンド。


月々1666ポンドでは家族を支えていけない。


レンタルの場合


レンタルの相場は週250〜300ポンド。これを52週借りると1万5000ポンド程度となる。それにガソリン代7200ポンドを加えると2万2000ポンド程度。


収入3万6000ポンドから2万2000ポンドを引いて1万4000ポンド(月収1166ポンド)と車を所有しているよりは少ない収入となる。


いずれにせよ、Uberドライバーは無理そう。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!



Kommentare


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村