top of page
  • Writer's pictureharuukjp

保育園費 月30万円 ロンドン



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活594日目を迎えた。(リンク⇨593日目の記事)


3歳の子供を持つX氏の家族は、北ロンドンにあるフィンチリーで生活しています。共働きで忙しい彼らは、毎日朝仕事に行く前に子供を保育園に預け、夕方6時に迎えに行きます。この保育園の費用は、1日あたり80ポンド(約1万6千円)です。これを月に換算すると、約1,600ポンド、つまり日本円で約30万円にもなります。


### ロンドンでの保育園費用の現実


ロンドンの保育園費用は非常に高額です。特にフィンチリーのような北ロンドンの人気エリアでは、その傾向が顕著です。X氏のような共働き家庭では、保育園費用が家計に大きな負担となりますが、これはロンドン全体の平均と比べても特別なことではありません。


保育園の費用は、提供されるサービスの質や立地、施設の規模によって異なります。X氏が選んだ保育園は、質の高い教育と安全な環境を提供しているため、費用が高くなっています。しかし、その代わりに子供は充実したプログラムに参加し、社会的スキルや学習の基礎をしっかりと築くことができます。


### ロンドンでの共働きと子育てのバランス


ロンドンで共働きをしながら子育てをすることは、簡単ではありません。高い生活費、長い通勤時間、そして保育園の高額な費用が重なり、家計に大きなプレッシャーがかかります。X氏の家族も例外ではありません。しかし、彼らはこの状況をうまく乗り越えています。


共働きの家庭にとって、保育園の選択は重要な決断です。費用だけでなく、保育園の教育方針やスタッフの質、施設の環境も考慮する必要があります。X氏の家族は、信頼できる保育園を見つけるために多くの時間を費やしました。その結果、子供が安全で健全に成長できる環境を提供する保育園を見つけることができました。


### サポートと補助金


イギリス政府は、保育園費用を負担する家庭を支援するための補助金制度を提供しています。例えば、3歳および4歳の子供には、一部の無料保育時間が提供されることがあります。また、低所得家庭には追加の補助金が支給されることもあります。これにより、多くの家庭が高額な保育園費用を少しでも軽減することができます。


### まとめ


ロンドンで子育てをすることは、経済的な挑戦を伴いますが、それでも多くの家庭がこの都市での生活を選んでいます。X氏の家族のように、適切な保育園を見つけ、政府のサポートを利用することで、共働きと子育てのバランスをうまく取ることができます。


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

125 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村