top of page
  • Writer's pictureharuukjp

イギリスの高速道路は無料だが、ロンドン市内には首都高速道路のようなものがありません



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活576日目を迎えた。(リンク⇨575日目の記事)


最近の東京の首都高速道路の混み用は数年前に比べると減っていると聞く。これは東京都中野区に住むゴルフに毎週車で出かけるX氏に聞いた。


東京では車に乗る人の数が減っている。少子高齢化の進行に伴い、車を運転する若者が減り、高齢者の免許返納が増えており、車の利用減少に寄与している。


東京の出生率は0.99までに下がっている。これは東京での生活者が減少することに影響を与えると思われる。少子化の原因に経済的余裕がない人が増えていると言う背景があり、車を持つ事は駐車場代を確保しなければいけない。東京での駐車場代は高い。


そして車の初期投資と維持費を考えると経済的にうまくいかないのだろう。


首都高速道路は混むと言う概念は消えつつある。


ロンドンに目を向けてみると、ロンドン市内には首都高速道路的なビルの間を駆け巡る立体道路がない。


公共交通機関の発展も大きな影響を与えている。ロンドンでは、地下鉄やバスのネットワークが非常に充実しており、これを利用する人が増えている。


ロンドンでは、環境への配慮から電動スクーターや電動自転車の利用が奨励されており、これらが交通の主流になりつつある。電動スクーターは、手軽に使えることから若者を中心に人気があり、短距離の移動には非常に便利だ。また、政府もこれらの新しい交通手段を推奨しており、インフラの整備が進められている。


首都高速道路を作らなかったロンドンは、市内に乗り入れる車で渋滞が増えるが、バッキンガム宮殿からセントポールの間の建造物の外観は保たれている。それがロンドンの観光を魅力的にしている要素でもある。



最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

58 views0 comments

Opmerkingen


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村