top of page
  • Writer's pictureharuukjp

目指すはコーストFIRE  イギリスで生き残りをかけて



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活233日目を迎えた。(リンク⇨232日目の記事


FIRE(Financial Independence, Retire Early)で不労所得で生活するには1億円近い資産がないとできないというハードルの高い目標があるのに対して、コーストFIREがあるというのを聞いた。コーストには「楽に進む」という意味があり、退職のための貯金をこれから続けなくて良いほどの貯金があることが条件で、そのほかは、生活するため、つまり今使うだけの収入を得るために仕事を続けるということだ。


20年間7%の運用で、老後に必要な3000万円にするためには、投資資産が800万円必要となる。800万円貯めるのであれば、1億円を目指すよりハードルはかなり低くなる。


私にとっての退職のための貯金というのは年金ぐらいしかないので、コーストFIREもまだまだハードルが高いが、考え方としては年金がもらえるまで今の生活を維持できる程度の収入で良いということだ。あとは年金を運用している運用者選びをしっかりとしなければならない。


コーストFIREを目指す人は、若い頃のように自分を追い込んで辛い仕事をして貯金や年金のために働かなくても良いということである。


子供は学生ローンで大学へ進むのがほとんどで、その制度も充実しているので安心できる。


あとは自分が今の生活費と、できれば旅行代ぐらいは稼げるようにすれば良いのである。


そう思うと就職活動をしていても、今までの役職などにこだわらず自分に合った仕事が探せる。


仕事をしないことは正直好きではないので、できれば年金が受け取れるまでは仕事を続けたいと思っている。


コーストFIREを目標に肩の力を抜いて就職活動を続ければそのうち道は開けると信じている。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!






Comentarios


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村