top of page
  • Writer's pictureharuukjp

料理をして待つ娘



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活457日目を迎えた。(リンク⇨456日目の記事)


いつも通りの週末。通常であれば子供達は平日の睡眠不足を取り返そうと、日が昇ってもベッドの掛け布団にしがみついている。


しかし今日はいつもと違った。


パパはフリーランスの仕事が入って、ママとお兄ちゃんは所用で出かけなければならない。


家に1人で取り残された娘。


連絡方法は、iPadでログインできるSNSのチャットだけだ。


そこには仕切りなしにアップデートが娘から入ってくる。


「宿題やって一休み中」とか(休憩の方が長い可能性はあるが)、「パパの分の料理したよ(料理経験はゼロに等しい)」とか、おしゃれがしたくなってきた小学校高学年の娘が、意外にも自分でいろいろできるのだなと父を感心させる。


これからまだまだ成長する娘はどんな女性になるのか楽しみ。今はお兄ちゃんをみならって追いつこうとして頑張る娘の様子が嬉しい。


兄が修学旅行で5日間、家を空けることになり、妹はちょっと寂しそう。また帰ってきていっぱい遊べるよ。


自分も将来、修学旅行へ出かけて楽しむんだよ!


(終)


最近の記事





いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

104 views0 comments
bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村