top of page
  • Writer's pictureharuukjp

目覚めるか?息子があのペンを手にした時



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活583日目を迎えた。(リンク⇨582日目の記事)


父の日で、私にも自分へのプレゼントを何か買いたいと思い、新しいズボンを買いに出かけようとした。すると、どさくさに紛れて息子が自分のありったけの小遣いを持ち出してアップルペンを買いたいからアップルショップに連れて行って欲しいと部屋から出てきた。


アップルペンとはアップルアイパッド上で使える絵を描いたりするときにすごく役に立つ便利なペンである。


結局、アップルペンの値段は高いので、家族からの出費を抑えるために、買い物はアップルペンだけになり、私のズボンは保留となった。


父の日だったが自分のズボンより、息子がアップルペンに興味を持って芸術を始めようとしている姿が嬉しかった。


早速、アイパッドを片手に絵を書き出すとイラストをスラスラと何枚も描き出した。そして、Tシャツのデザインも始めた。


生まれて初めてアップルペンを持ったのが今日である。この日を境に息子が芸術に花開くのか、それとも3日坊主で、ペンもどこかに忘れられる日がすぐに来るのか、いずれにせよ息子が何かを興味を持って始めようとする姿には感動した。


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

81 views0 comments

Comentarios


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村