top of page
  • Writer's pictureharuukjp

ロンドン市内のハリーポッター


小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活283日目を迎えた。(リンク⇨282日目の記事)


私が大人になる頃にハリーポッターが映画で始まり、正直、私はその流行りについていかなかった。


そして今、ロンドンの北にあるワーナーブラザーズスタジオはハリーポッター人気で連日満員、その勢いは治らない。そして観光地巡りの一つとして、ハリーポッター撮影場所ツアーなどがあるが、オックスフォードにあるクライストチャーチ、ボードリアン図書館、ニューカレッジや、コッツウォルズのレイコック寺院、グロスター大聖堂などが有名である。


我が家の子供達も今ちょうどハリーポッターにハマり出していて、ハリーポッター第2世代が世界中で生まれてきている。


日本でも今年の2023年6月に東京の元豊島園跡地にワーナーブラザーズスタジオが開園、予約がなかなか取れないという大ブームが起きている。


せっかくイギリスにいるのだから、ハリーポッターぐらいはもう一度熟知しておこうと今日からハリーポッターの映画を見直し始めた。記憶に3話ぐらいからは、ざっくりしか見ていないイメージでほとんど忘れてしまった。


今改めてハリーの生まれた家や、ホグワーツの食堂の場面などを見直すと、イギリスの各地に散らばる撮影場所に行ってみたいと思えてきた。


身近のロンドンにもたくさんその場所はあるというので、機会があったら行ってみたい。ロンドンのハリーポッターの舞台となった場所は以下が有名である。


  • 大英博物館 (映画に出たチェス)

  • キングスクロス駅(9と3/4線)

  • セントパンクラス駅(9と3/4線番線があるキングスクロス駅の外観になった)

  • クレアモントスクエアー (不死鳥の騎士団・シリウスの実家)

  • セントポール(ムーディー教授の防衛術の教室)

  • ウェストミンスター駅(ハリーとロンの父アーサー・ウィーズリーは、魔法省に向かう)

  • グレートスコットランドヤード(魔法省へと繋がる赤い電話ボックス)

  • ロンドンシティホール(空は黒い雲に覆われロンドンの街にデスイーターが降り立つ)

  • ミレニアム橋(ロンドンに降り立ったデスイーターは、ミレニアム・ブリッジを破壊)

  • ピカデリーサーカス(ハリー、ハーマイオニー、ロンがデスイーターから逃げて歩いていた場所) 

  • ランベス橋(夜の騎士のバス)


ロンドンを回るだけでもハリーポッターがこれだけ楽しめる。子供達を連れてぜひ見せてあげたい。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!




Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村