top of page
  • Writer's pictureharuukjp

バイトの面接もうまくいかず. . . 5ヶ月無職



アラフィフで小学生と中学生の子供を持つサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退社。その後の就職活動が難航中。無職生活147日目を迎えた。(リンク⇨146日目の記事


オーストラリアでのワーホリ、工場勤務で手取り750万円のニュースを横目に、失職後の就職活動が5ヶ月にも及び、正社員で雇ってもらえないのであればせめてバイトでもと思い、応募してみた。


バイトというのは履歴書を見て、面接を依頼されたらほぼ確実に働けるのかと思いきや、そう簡単にはいかないようだ。


今回応募したバイトは在宅ワークで、メールのやり取りも何度もして、ちょっとした診断テストも合格して、「それでは実際に面接してみましょう」ということになった。


そして面接ではちょっとケーススタディのような質問はあったものの、その後はアットホームな感じで、いつから出勤可能か?週どのぐらい働けるか?といった質問だった。そして、準備期間の予定などまで詳しく話した。


そこまで話が進むと採用が決定なのかと思いきや、2日後にきたメールでは「残念ながら . . .」


この言葉をもう何度聞いたことか。


しかも、今回は、面接では順調な感じがして、しかも正社員に比べたらハードルが低いバイトということもあり、採用が確実かと思っていた矢先の不採用の連絡だったので、精神的ダメージが大きかった。


5ヶ月の間に、このような大きな精神的ダメージを4、5回は経験している。


最近では、この苦痛を味わいたくないために、応募を諦めようかと思ってしまうほどだ。


しかし、今はまだ諦めることはできない。諦めるには若すぎる。


まだこれからいろんなことが人生で起きて、それを経験していきたい。それにはまずは収入のある安定した生活を取り戻さなければならない。


今回のバイトの面接後の不採用のショックは大きいが、また明日からやり直し。


就職活動6ヶ月目へと突入する。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!

258 views0 comments

コメント


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村