top of page
  • Writer's pictureharuukjp

ロンドンで路上駐車した値段に驚愕!

小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活530日目を迎えた。(リンク⇨529日目の記事)


ロンドン市内は路上駐車場が多くある。一般車両が駐車できる所は「Pay at . . . .」のような標識があり、標識には、支払うかどうか、いつ、どこで、どのように支払うかについて説明されている。支払い方法には、電話をかけたり、テキスト メッセージを送信したりする。その場合、支払いが正常に完了したことを示す確認を受け取ったことを確認する必要がある。



これ以外のところで駐車する時は時間外などは無料になったりするのでその都度確認していただきたい。


ということで、今回ロンドンにディーゼル車で乗り入れると、混雑税15ポンドと超低排出規制区域12.5ポンドの合計27.5ポンドの請求がきて、さらに2時間ロンドン市内の路上に停めたら、19.5ポンドかかった。


混雑税、超低排出規制区域で27.5ポンドと多少の駐車場代は覚悟していたが、2時間の路上駐車で19.5ポンドは思ったより高額で驚いた。


今、車でロンドン市内に入ることは、環境問題を踏まえるとあまり喜ばれない。それでロンドン市長はこんなにも高額の車両関連料金を設定しているのだ。


シングルイエローラインの無料駐車時間は18:30〜8:30までだ。日中の10時間にロンドンで駐車させるのは至難の技。


ロンドンで車を運転する時は多額の出費を覚悟して挑まなければならない。


(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村