top of page
  • Writer's pictureharuukjp

もう日本に帰れないのか?移民が抱える問題




小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活309日目を迎えた。(リンク⇨308日目の記事


最近の無職生活で、時間はできて、サラリーマン時代のように、上司からの圧力はなく毎日12時間も仕事をしなくて済むことでストレスではなくなった。しかし、自分の置かれた貧困のゆっくりした時間を過ごしていると、日本にいる家族に会いに帰らなければいけないという宿命が残っていることを忘れてしまいそうになった。


私は移民であるため、気持ちはまだ祖国にある。しかし、異国で時間が過ぎ、家族もでき、子供達がこの地で育っていくうちに、だんだんと日本を忘れてくる。


今は自分が置かれた厳しい状況に対応する事ばかり考えてしまう。


このまま無職、または仕事を始めても低所得者でいる限り、海外旅行などできないし、家族を連れて日本へ帰国などもできない。


今のところ私は完全にこの異国から逃げられない状況になってしまった。


とにかく収入が支出を上回る状況を作らねばならない。そうすれば飛行機のチケットも買えるだろう。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️


私の読んだ本を時系列で紹介しています。こちらの➡️リンクからどうぞ!



257 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村