top of page
  • Writer's pictureharuukjp

60歳最年少 94歳プレーヤー



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活490日目を迎えた。(リンク⇨489日目の記事)


日本の高齢化が進んでいるの理解しているが、これだけ具体的な数字をみると驚かせられる。


神戸でテニスクラブに加入している夫婦は60歳である。そしてそのクラブには服装の規制などがありなかなか若者が入ってこないという。


するといつの間にか60歳が最年少の年齢になり、最高は94歳だそうだ。


私の両親は80歳前後でテニスをしているが、それもすごいことだと思ったが、それよりさらに上がいた。


それじゃ、若者はどんなスポーツをするのかと、この夫婦の息子に聞くと、ゴルフとかであると答えた。


ゴルフであれば一人でプレーもできるし、仲間と行きたければ4人でもプレーできる。


私は両親を見て、テニスは生涯スポーツで私もぜひアラフィフだが始めてみたいとも思った。今から始めても30年、40年できるかもしれない。私の野球人生は40年ほどなので、それに匹敵する年数をテニスであればこれからできる。


日本の高齢化が進み、実際にこういった方達がテニスをしている様子などを伺うと、自分もやってみようかと思う。


(終)


最近の記事




おすすめの記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

49 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村