• haruukjp

ウクライナの隣、ポーランドの今の状態は?





ロシアのウクライナ侵攻が2022年2月24日に始まって、明日で6ヶ月が経つ。ウクライナの国民は引き続きロシアからの砲撃に恐れながら国内で生活している。


若い世代が、今後の自分の生死が不確かな中、愛するパートナーとの結婚を急ぐ現象が起きているのも理解ができる。幸せと感じることができる時にそれを精一杯感じる、これは素晴らしいことだ。


ロンドンにいるウクライナ避難民の知り合いには、6歳になる男の子がいて今週誕生日を迎えた。自分の国から送られてくる誕生日カードはほとんどなく、私がカードを1枚と小さなプレゼントを送ってあげた。これで、彼にも家の出窓に飾るバースデーカードが1枚増えて嬉しいことだろう。


そんな中、私は先日、ウクライナの隣国、ポーランドまで行ってきた。


ポーランド国内では、戦争開始当初はパニック的な現金引き下ろしや、ガソリンの不足が起きたが、6ヶ月経った今は、完全に平常を取り戻している。


むしろ、一致団結してロシアを倒そうとするNATOの一員として、国民の士気は高まっているようにも感じる。ロシアに勝ち目はないと確信する気持ちが、彼らの生活にも活気を与えている。


街を歩くと身なりがしっかりとしたポーランド人が颯爽と歩いていて、郊外では広い敷地に新築がどんどん建てられ、大きなプールを用意して暑い夏を楽しんでいるように見えた。


世界は個人主義への方向へと進んでいるが、ポーランドでは、ポーランド人であることを誇りに思いながら、グローバル化に賛同する人も多く見られた。私のような日本人が、街中で一人で困っている様子を見て片言の英語で声をかけて助けてくれる年配の女性もいた。


この国には明るい未来が見えるようにも思えてきた。隣では戦争が起きていて、6ヶ月たった今でもまだ終結の時はわからない。しかし、ポーランド人のグローバル社会で戦える人材力を活用して、ウクライナを支えていってほしい。


〜はる〜


(終)


いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。


ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。




80 views0 comments

Recent Posts

See All
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村