• haruukjp

もうやめて〜!どこもかしこも値上げで首が回らない 牛乳価格40%上昇

Updated: Oct 7



今日から光熱費爆上げ!2年前と比べると2.5倍にもなってる。


うちの光熱費は今月から月々250ポンド程度で年間で3000ポンドの予定!2年前までは1200ポンドだったのに。


1800ポンド余計にかかってる。1800ポンドもあったら家族で旅行にでも行けるのに。。。


政府から400ポンドが支給されて、我が家程度の家庭なら年間2500ポンドの上限がついてなんとか抑えられるが、既に2500ポンドでも高い!


聞くところによると、私の知り合いの話では、家のサイズも大きめなので月500ポンドになるそうだ。ということは年間で6000ポンド。日本円でざっくり100万円。結構な額である。こういった多めに使う家庭には2500ポンドの上限は適応されないとのこと。


イギリスの生活がどれだけ厳しいかがわかる。


これに住宅ローンが2%から6%に上がる言われていて、もし月々1000ポンド払っていたらそれが1500ポンドになる計算。これもなかなかのもの。


それじゃ、他に何の経費を削れば良いかと考えられるのが食費である。


美味しいもの、質の良いものを食べたいが、ここまで光熱費が上がって、コントロールが効かなくなっていると、食費をうまくやりくりして生活していくしかない。


既に食品価格の高騰は明らかで、去年の9月に比べると、大豆の缶詰が85ペンスから1.24ポンド、スパゲッティが53ペンスから85ペンスへと上がっている。


2021年9月と2022年9月の各商品の値段の変化と上昇率


牛乳 96ペンス⇨1.35ポンド 40.6%

卵 2ポンド⇨2.15ポンド 7.5%

食パン 1.05ポンド⇨1.21ポンド 15.2%

トイレットペーパー 2.35ポンド⇨5.07ポンド 115.7%

フルーツ 1.38ポンド⇨1.64ポンド 18.8%



それではどのスーパーが安いのか?


一回の買い物で一般的に買われる以下の同じ商品をそれぞれのスーパーで買うといくら違うかを比べてみた。


鶏の胸肉、牛乳、スパゲッティ、ビーンズ、ティーバッグ、リンゴ、ハム、チーズ、ポテトチップス、コーヒー、洗剤、バター、パン、ポテト、卵


以上の商品を買ったとき、それぞれのスーパーで支払う値段は、


アスダ 27.6ポンド

テスコ 35ポンド

アイスランド 35.8ポンド

セインズベリー 32.2ポンド

モリソンズ 29.5ポンド

アルディ 24.5ポンド

ウェイトローズ 44.1ポンド


これをみると自分の食費をどのぐらいに抑えたいか決めて、自分の身の丈にあったスーパーを探すと今度のインフレ対策になりそうだ。


ALDIの安さは魅力だが意外と近所にない。やはりセインズベリーやテスコといった超大手チェーン店が店舗数では勝っていて、私の周りでもどうしてもその2社が店舗を構えているので、それらに頼らざるを得ない。


少し遠出でもしてA LDIを探すか、そうなると高騰しているガソリン代も気になるところだ。


もう何をするにでも価格が高騰していて動きづらいイギリス。なんとかしてほしい。


〜はる〜


(終)


いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。



202 views0 comments
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村