top of page
  • Writer's pictureharuukjp

立て続けの面接を受けたにもかかわらず、全ての面接から拒否された時. . . 40代、50代の再就職



アラフィフで小学生と中学生の子供を持つサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その後の就職活動もうまく行かず無職生活105日目を迎えた。(リンク⇨104日目の記事


昨日から今日にかけての12時間で、3つの会社から連絡があった。


就職ビデオ面接後の不採用のメール。


立て続けに面接を受けたにもかかわらず、全ての面接先から拒否されたという状況は非常につらい。しかし、こういった状況に陥ることは誰にでもあるものであり、自分自身を責めたり、落ち込んだりする必要はない。以下は、このような状況に陥った場合に考慮すべきこと。

  1. 何が原因で拒否されたかを分析する。 まず、自分が何が原因で拒否されたのかを分析することが重要。自分が持っているスキルや経験が、求められるポジションに合っているかを確認。また、面接時に何か問題があったか、自分のコミュニケーション能力が不足していたかも考慮に入れる必要がある。

  2. 自分自身を改善する。 分析の結果、自分自身に改善点が見つかった場合は、それらに取り組む必要がある。スキルや経験を向上させるために、勉強をしたり、研究を行ったりすることも必要。また、コミュニケーション能力を高めるために、自己表現の練習をしたり、面接練習をしたりすることも考える。

  3. 次に進む。 拒否されたことが自分自身の原因ではない場合は、その企業に合わなかったということです。諦めずに、次の面接機会を探す。複数の企業に応募することが大切。

  4. サポートを求める 友人や家族、または専門家からアドバイスをもらう。面接の技術やコミュニケーション能力を向上させるためのヒントやアドバイスをもらうことが重要。

このような状況に陥ったことを悲観的に考えず、前向きに考える。自分自身を改善し、次の面接機会に向けて努力。


(終)


〜はる〜


最近の記事







いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。







220 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村