top of page
  • Writer's pictureharuukjp

40代、50代の再就職 採用までの順序紹介 無職のパパ 



アラフィフで小学生と中学生の子供を持つサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その後の就職活動もうまく行かず無職生活104日目を迎えた。(リンク⇨103日目の記事


今の時代の就職活動はこんなにも厳しくなっているのか?


採用までの順序はこちら⬇︎


1転職サイトなどで自分が興味のある職業を選ぶ

2履歴書、カバーレターを作成後、会社のキャリアサイトで登録 志望動機などの作文あり

3人事との面談(電話)

4会社から用意された質問へ応答(ビデオコール)

5第2外国語面談*必要な場合のみ(ビデオコール)

6部署のチーム面談(ビデオコール)

7本社訪問、マネージャー面接、後日、採用の有無を報告


これはある会社の一連の採用までの道のり。コロナパンデミック前からこうだったのかは不明(その頃は就職活動していなかった)だが、昔と比べるとビデオコール面談が増えたし、機械的に用意された質問への回答をビデオ撮影をして、会社側はその記録を見るといった方法もユニークに見える。


明らかに20年以上前の面接形式と異なってきている。


これに驚いていたらアラフィフで再就職できない。


ここも柔軟に受け止めて、淡々と与えられた試練を乗り越えていくだけ。


3番の人事との面談までは、2月に入って何度かたどり着いて、以前の履歴書だけ見て無視されるような様子ではなくなってきた。企業や組織が募集している求人広告の数が増加して、求人が増えているような気がする。


特にこの時期(2、3月)は求人が増えるとも言われている。


この1ヶ月が私にとって大切な時期、気を引き締めて行きたい。


(終)


〜はる〜


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。






Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村