• haruukjp

辛い 光熱費の急騰がエグい!実際に1ヶ月体験してみると (イギリスの生活)





イギリスでは、2022年10月エネルギー供給会社から、すでに2022-2023年の見積もりが過去1年のエネルギー使用量と値上げされたユニットごとの価格を推測して、それを12ヶ月で割った額が月々の支払いと見做されて請求が送られてくる。


うちの場合は、この10月からその請求額は去年から65%増しとなった。


この額に驚愕しなんとかエネルギー節約できないかと家族会議も開いてみたがなかなか難しい。


月々の支払い額と使用量(電気kWh、ガスm3)過去2年間と比較すると


電気


2020年冬 £58 (320)

2021年夏 £52 (260)

2021年冬 £60 (300)

2022年夏 £71 (240)

2022年冬 £130 (400)


ガス


2020年冬 £76 (220)

2021年夏 £31 (80)

2021年冬 £96 (220)

2022年夏 £31 (35)

2022年冬 £134 (110)


電気に関しては今年はやや使用量が400へと増えているものの過去の冬と比べると2倍!


ガスに関しては今年はだいぶ節約して使用量を半分に抑えているにもかかわらず支払い価格は1.5倍!


もう生活がキツくなってきた。どうやって冬を過ごそう?


会社のボーナスでも上がればいいが、そう簡単ではないだろう。。。


年間の電車賃値上がり分£850と光熱費の高騰分£1200、食費20%上昇を加味すると、7%程度の賃上げが欲しいところだ。


あああ〜 ほんと辛い。


(終)


〜はる〜


いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。




133 views0 comments
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村