top of page
  • Writer's pictureharuukjp

認知症 週2000ポンド



小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活464日目を迎えた。(リンク⇨463日目の記事)


若かった頃は今度の休みにはどこへいくとか、飲み会はいつとか、誰々と恋愛、失恋したとか、自分が楽しむことの話題で日々を過ごしていた。


そして子供ができて家族が増えると、学校の話、受験勉強の話、習い事の話と子供の成長をよく話したもんだ。


そして人生も半世紀が過ぎると、今度は病気や死といった話題になる。身近であの人が重病を患ったとか、心不全で亡くなったとか、認知症に罹ったなど。


最近では私の周りに、旦那や、母親が認知症になったという話を聞くようになった。


同時に話すのが、認知症になった家族をケアホームに預けるかどうかという議論だ。


一人は日中に介護の人が家に訪れてくれる訪問型を選択した。


そしてもう一人は完全にケアホームに預けることに決断が迫られてる状況だと言う。


イギリスのケアホームへ預けると週2000ポンド(約38万円)かかる。これを年間に換算すると約10万ポンド(1900万円)になる。しかし、イギリスには年間8万6000上限ルールがあり、それ以上は払わなくて良いとこととなっている。そうはいっても、高額だ。


家族にそんなお金はないとなると、認知症になった本人の家を売って、ケアホームの支払いを賄わなければならない。しかし、それにも限りがある。例えば家が50万ポンドで売れたとしたら、ケアホームには5年間ほど滞在できるだけの金額が手に入るわけだが、もしそれ以上滞在を続けるようであれば、週2000ポンドを家族の誰かが払わなければならない。


認知症になってどのくらい生きるかは人それぞれだが、5年以上生きる可能性は大いにある。そこで保険を使う方法もある。高額な保険になるのは覚悟だが、もし5年以上ケアホームでお世話になった時のことを考えると、その方法も悪くない。


家族の一員として面倒を見て介護を自分で続けるか、それとも手放してケアホームに預けるか、認知症の家族を抱える悩みは計り知れない。


(終)


最近の記事






いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ一番下にある犬の応援クリックをよろしくお願いします。 ⬇️ ⬇️ ⬇️

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村