• haruukjp

イギリスのビールの値段はいくら?2022年インフレ問題



ビッグマック指数といわれる各国での物価の基準を比べるときに、マクドナルドのビッグマックの値段を比較することはあるが、ビールもその一つではないか。


海外で飲みの場で話すと必ず聞かれる「イギリスでのビール一杯はいくら?」の質問だが、コロナパンデミックから始まりロシアのウクライナ侵攻で2020年から22年にかけてのインフレーションで今イギリスのビールの値段はどうなっているのだろう。


すると早速気になった記事を見つけた


(デイリーメール記事 英語版)

1パイント9ポンド に耐えられるか? パブ、バー、レストランで今後 1 年間で価格がさらに 6% 引き上げ!


記事によると、英国の平均パイントは 2008年に 2.3ポンドだったが、1パイントの価格はその後 72% 上昇し、2022年には平均 3.95 ポンドとなった。finder.com によると、ロンドンでは、1パイントの平均価格は 5.5 ポンドとはるかに高く、価格は上昇し続けている。2022年のロンドンでビールが最も高いところでは8ポンドの価格設定になっているが、来年はさらなる6%の上昇で8.48ポンドの予想となっている。


光熱費、食費価格の高騰でレストランのメニュー価格高騰も避けられなくなっている。


ちなみに私が訪れた東ヨーロッパのレストランでの1パイントビールの平均価格は3ポンドであった。


パイントの量


1パイントの量は正式には473mlと言われている。日本では、居酒屋の平均的な中ジョッキのサイズは435mlとのことだが、日本では泡も大切とされていて、ビールと泡の比率を7:3とすると300mlくらいの量のビールが入っている。しかし、イギリスでは泡は不必要とみなされ、泡を入れるとビールの量が減るとのことでお客から苦情がくる。よって、必ず上の泡がなくなるまでグラスいっぱいにビールを注ぐ。





〜はる〜


(終)


いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。


ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ下のわんこたんの応援クリックをよろしくお願いします。








404 views0 comments
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村