• haruukjp

在宅ワーク 感情表現爆発 人はいつでも変われるのか?

人目を気にしながら生きてきた人間にとっては、思ったことを心の中にしまい込んでおくというのは日常茶飯事である。


これは、メンタルヘルスの面でとてもよくないこと。


わかっているのだが「いい人だ」といわれるのに喜びを覚えてしまうとなかなかその癖から抜け出せない。


在宅ワークをしている私は、家族といる時間が多い。


鬼は外、福は内を願うがあまり、外には関心を示さず、家の中にいる人間に完璧を求める。


そして、外の人間に接するときより、家の中にいる人間には感情表現が強くなる。


非常によくないこと。


これの逆をやってみたらどうなるだろうと想像してみるのだが、もし外部で感情を強く表して人にぶつかると私はサラリーマンとして生き残っていなかっただろう。


生き残っていなかった時は、サラリーマンとしてではなく、なにか別の方法で生き残る道を築いていたかもしれない。それも人生。


なにか欠点を改善したいと思ったときは改革が必要。


しかし、アラフィフの私にはここから自分の色を変更するのは遅い。


でも、人は言う。


「いつになっても人は変わることはできる」


安易に変更するのではなく、本当に自分が変わる必要があるのかをまず判断することが大切である


もしかすると自分が思っているほど、人からはそんなに嫌われてわけでもなく、このままの自分でもよいのではないかと思う時もある。


しかし、変更することで改善されて自分のプラスアルファになるのであれば進んで変更できる箇所はそうするべきである。


フィルターをかけてなにを変更すると改善できるのか考えていきたい。


談話室 冬季北京オリンピック2022開会式


北京オリンピックの開会式を昨日観て思ったのだが、会場で活躍している95%が19歳以下とイギリスBBCで言っているのを聞いて、今回は外交摩擦で何人かの要人が来中を拒否されている中国だけにいろんな意味で政治色が染まってない若い子供たちを使っているのかなと思った。


しかし、小学生ぐらいの合唱の団体で一人だけ体の揺れが合っていない子が散見されたが、その子とその子の親がそのあとどう扱われたかが懸念される。


子供を使いまくるのはよいが、あまりにプレッシャーでトラウマになってしまうのも子もいるのでその辺のメンタルケアは配慮してもらいたい。


ブログ村ランキングにも参加しているのでぜひ一番下のわんこたんも応援クリックよろしくお願いします。



41 views0 comments
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村