• haruukjp

バイリンガルを諦め挫折するお母さん



今日は、ふわりいぎりす の下の記事を読んで。


子供に日本語と英語のバイリンガル教育を夢見ていたが子供が全く日本語に興味なく挫折している件

日本語アレルギーっ子が受け入れたマンガ


我が家もバイリンガルには力を入れている方で、子供への家庭学習による日本語教育は、子供たちが生まれた頃から続いている。


バイリンガル教育の情熱は、私たち日本人が日本国以外に住んでいるという理由で、特に国語に力を入れていると思う。私の幼少の頃、親に国語(日本語)なんか教わったことはなかった。


日本語を話さないことが生死に関係ないと思って、イギリスにいる限り、日本語に興味を示さなくなるのはある意味わかる気がするが、子供にとっては、これからの長い人生で、いろんなことに興味を持つことは重要である。


日本語を教えなければ、子供と自分のコミュニケーションが絶えてしまうことを恐れる日本人お母さんの気持ちはわかるが、どうしても子供が日本語を勉強しないのであれば、お母さんが英語で話すしかない。


人間は歳をとると母国語だけを話したくなるので、英語での会話が億劫と思うこともあるかもしれないが、子供と話したいというモチベーションがあれば、ある程度は、歳を取っても英語を話し続けると思う。


子供が日本語の興味がなかったら、別に他のことで頑張ればよいのではないだろうか。


それほど落ち込むことではない。


親は、子供が自分で自分の道を見つけるまで、選択肢を与えて続ける役目を果たせば良いのである。


100 views0 comments
 
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村