top of page
  • Writer's pictureharuukjp

とりあえずここまでたどり着いたか。子育てに苦しむ日々


小学生と中学生の子供を持つアラフィフサラリーマンが、ロンドンで長年働いた会社からいきなり(当日)の解雇通告を受け、その瞬間からオフィスにも戻れず退職。フリーランスで僅かな食費を稼ぐも、その後の就職活動が難航中。無職生活311日目を迎えた。(リンク⇨310日目の記事)


子供を持つ親の責任は重大であることは、子供を持った方には誰しもが気づくこと。


それが嫌で子供を持たない人もいる。


人それぞれの生き方。


私は健康な子供を授かって幸せだと思う。


しかし、途中、いろんな試練はある。


特に我々移民にとっては頼れる親戚もいなく、夫婦2人で常に家族全体の50%の戦力で子育てに挑まなければならない。


子供が2人いれば夫婦それぞれが完全に外部への戦力を失い、完全に家庭内に力が集中する。


そうなると稼ぎも少なくなり生活費を削らなければならなくなる。


子育てと稼ぎを両立するのは移民サラリーマン家庭にとって本当に大変なことである。


今日、娘は、習い事の音楽学校の特別セレモニーに呼ばれ、学校を代表して参加している。


あんな小さかった、赤ちゃんだった娘がここまで成長した。


妻と一緒にここまで頑張ってきた。


まだまだこれから娘の将来は長いが、とりあえず一つの節目となる日だ。


(終)


最近の記事




いつも読んでくださり、ありがとうございます。コメントもお気軽にどうぞ~。ブログ村ランキングに参加しています。ぜひ右の応援クリックをよろしくお願いします➡️➡️➡️➡️➡️応援!





208 views0 comments

Comments


bottom of page
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村